葬儀が必要になったら、ぜひ地元の千葉の業者を選ぼう

人間、生きているうちは誰もが避けて通れない儀式が「葬儀」です。

身近な家族や親族の葬儀を遺族として準備したり、友人や知人の葬儀を参列者として参加することもあります。

いずれの場合も、故人が千葉にお住まいであったり千葉出身であった場合は、葬儀はぜひ地元の千葉で行いましょう。

▼千葉の葬儀式場を探すなら…http://www.hakuzensha.co.jp/

【葬儀を千葉で行う理由】

千葉に住んでいる人は、自然と近所付き合いやコミュニティも地元に集中しやすい環境にあります。

千葉県は面積も広く茨城県に近い地域や房総半島など「千葉」といっても都心からかなり離れているところに住んでいる人も多くいます。

その場合、やはり地域ごとに葬儀をカバーしている地元の葬儀の会社に依頼をするのがいちばんです。

参列者も自ずと近くに住んでいる人になるため、斎場や火葬場が遠いと移動の負担や費用を強いられます。

ぜひ千葉にお住まいでしたら千葉で葬儀を行いましょう。

【葬儀を千葉で行うときの注意点】

千葉は首都圏に含まれるため都会のイメージを持つ人もいますが、実は千葉の大半は農村地域です。

農村地域には昔からのしきたりや風習が色濃く残っています。

房総半島の一部の地域では「葬式組」という地域住民で結成された組織が葬儀を取り仕切ったり、手伝ったりします。

また、お通夜についても都市部や一般的には22:00ごろまでとされていますが、千葉の一部地域では夜通し交代で故人を見守る「夜伽見舞い」という形式で行うところもあります。

そういった風習とうまく付き合いながら葬儀は行いましょう。