アパートの建築費は構造によって異なる

実際にアパートを建てる段階になって、建築費の相場はどのくらいなのでしょうか。

実は建築費の相場はアパートの構造によって異なります。

どのような造りになっているかによって上下しますので、どのようなアパートを建てたいかというプランや資金で検討してみましょう。

《RC造の相場》

鉄筋コンクリートでできたアパートのことを指します。

坪単価は高く、最低でも70万程度で100万円を超えることもあります。

敷地面積が50坪で2階建てのアパートを建てた場合は4200万円~が相場といえます。

高い分、丈夫な造りになっており、耐震性にすぐれているため、地震などが起こりやすい東京などはRC造のアパートがオススメです。

傷みにくいため、大規模修繕なども頻繁に行わず済みます。

《鉄骨造の相場》

鉄骨造は建物の基礎に鉄骨を使っているアパートのことを指します。

坪単価は50~80万円程度で、相場は敷地面積50坪で2階建ての場合、3000万~となっています。

工場で建築に必要なパーツを作って現地で組み立てるため工期が短いのがメリットです。

《木造の相場》

木造は建物の壁や柱に木材を使用したアパートのことです。

相場は敷地面積50坪で2階建ての場合、2400万~と最も安いです。

木造は最も坪単価が低いため、建築費を抑えるためには最適といえます。

最近のトレンドはRC造ですが、木造アパートは根強い人気があり現在も建築されています。

耐震性や騒音に劣る面もあります。

Comments are disabled