葬儀の参列者として知っておきたいこととは

お世話になった方や親しかった知人が亡くなった時、よほどの事情がない限りは葬儀に参列するのがマナーです。

突然の葬儀でどうしたらいいかわからない、ということが起こらないように事前に準備をしておきましょう。

【香典のマナー】

香典とはお線香や花の代わりに、一定の金額を包みご遺族にお渡しすることです。

香典は、お通夜に弔問する場合にはお通夜に、葬儀にだけ参加する場合は受付で渡します。

気になる相場ですが、故人との関係性により変わってきます。

両親の場合は10万円が一般的ですが、葬儀費用を負担したり喪主である場合は必要ありません。

祖父母や兄弟・配偶者の家族など近しい場合は3万円程度、親戚の場合は2万円程度です。

友人・知人の場合は数千円~1万円程度です。

香典の相場に迷ったら、サイトや本などで調べておきましょう。

【服装のマナー】

俗に言う「喪服」があればそれに越したことはありませんが、喪服を持っていない人も多くいます。

喪服がない場合は、「平服」での参列で構いません。

男性は黒のシンプルなスーツに黒いネクタイを着用します。

ネクタイピンは使用しません。

女性は黒のワンピースかスーツを着用します。

アクセサリーはパールであればネックレスなどは着けてもよいとされています。

【お悔やみはシンプルに】

ご遺族へは必ずお悔やみの言葉を述べましょう。

長々と述べたり失礼な表現にならないようにシンプルに「この度はご愁傷様でございます」「心からお悔やみ申し上げます」とお伝えするだけで構いません。